読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母と妻が鬱になりまして。。。

家族のうつ病奮闘記です!30代♂:僕が考えた対処法やうつ病との向き合い方を紹介しています^^現在、妻のうつが回復してきたので新しい生き方を探す為「海外移住」を準備中。

【うつ病の人にかける言葉】は超超超難しい・・・σ(^_^;)

f:id:CARBON-design:20160923024347j:plain

うつ病などメンタル系の病の人へ、どうやって声を掛けたらいいのか?どうやったら上手に励ませるのだろうか?

これって、凄く難しいんですよね。。。><

 

最近、ぼくのうつ病持ちの友人2人が喧嘩をしたそうです。

 

一人は2年前からうつ病で、現在休職中。原因は主に上司からのプレッシャーだった様です。

(ここでは仮にSさんと呼ばせて頂きます)

 

もう1人は3年前から闘病していて、今は既に寛解状態。

(こちらはNさんと呼びましょう)

 

キッカケは簡こんな些細な会話(厳密にはLINE)だったみたい。

 

2人のやり取り 

 Sさん「そういえば最近、俺、職場復帰プログラムを始めたんだ」

Nさん「おぉ、!良かったね、もう少しで職場復帰かぁ」

 

Sさん「もうすぐ2年だしね。そろそろ復帰しないと会社に戻れなくなっちゃうよ」

Nさん「うつ病ってやっぱり時間掛かるよねぇ。。。僕も大変だった。。。」

 

Sさん「家では割と元気なんだけど、仕事と思って外出するともうダメ・・・またプレッシャーに負けそう」

Nさん「わかる。初めはすぐ疲れちゃうよね」

 

Sさん「そうなんだよ、まだ全然自信ない。正直、仕事に復帰できるか不安。。。」

Nさん「大丈夫だよ。僕も経験したし、でも今は普通に働けてるよ」

 

Sさん「そうだよね」

Nさん「そんなに不安がる必要ないよ。S君もきっと、もうすぐ良くなるよ!」

 

Sさん「うん。。。」

Nさん「仕事だって自分にプレッシャーかけるの止めると楽になりますよ^^」

 

Sさん「。。。」

Nさん「徐々にゆっくり、慣らしていきましょう!」

 

Sさん「。。。なんでN君はそんなに上から目線なんですか!?」

Nさん「え。。。?」

 

Sさん「なんか気分悪いです。もういいです!」

Nさん「そっ、そんなつもりは無いんだけど。。。」

 

Sさん「。。。。。」

その後、Sさんから返信が途絶えてしまったようです。。。

 

Nさんは、自分の対応の何が悪かったのか、よく分からないといった風でした。

なので、とりあえず今は距離を置いているそうですσ(^_^;)この後、どうすれば良いんでしょうね?

 

当事者どうしのコミュニケーションでも、衝突して仲が拗れてしまうケースも多いので、うつ病の人と、健康な人の間でのコミュニケーションはより難しいですよね?

 

ぼくも妻がうつ病になってしまった当初、アドバイスをしたら急に妻の機嫌が悪くなるという経験を何度もしたので、身をもってその難しさが分かります。

 

アドバイスはNG?

carbon-family-life.hatenablog.jp

↑以前にも少し書いた事ですが、結局ぼくは妻への精神的なアドバイスは封印しました。 専門家のカウンセラーさんとかだったら上手に良い方向へ考え方をシフトさせられるのでしょうが、ぼくには無理でした。。。><

 

親友や、恋人、家族など近しい関係になればなる程、アドバイスは難しくなるのかもしれませんね?捉え方によっては「アドバイス=現状の自分への批判」と感じてしまう時も多々あるのでしょう。

 

近しい人には常に見方でいて欲しいという気持ちは、敏感に感じとってあげなければいけないですね。きっと。

 

本当に、どんなアドバイスの言葉が地雷になるのか分からないので、励ます言葉に悩んでしまうんですよね。。。

 

同調して、怒りへ導くのが正解?

f:id:CARBON-design:20160923024503j:plain

一応、最後にぼくの経験から感じた【うつ病の人にかける言葉】の正解を一つ。

 

主に回復期で、少しうつの症状が良くなってきた時に、有効だと感じたコミュニケーションです。(うつが一番酷い時期は、そっと側で見守る事がベストかも、なるべく刺激の少ない時間を過ごさせてあげましょう)

 

それは、ネガティブな気持ちに同調し、怒りの感情を発散させてあげる事。

 

うつ病になってしまう原因は様々ありますよね?いじめ、パワハラ、長時間労働や人間関係。そして、うつ病になってしまうと、自分が悪くなくても自分を責めて余計に落ち込んでしまう悪循環に陥りがち。

 

「いじめられるのは、自分がいけないんだ」

「職場に馴染めない自分は最低だ」

例えば↑こんな風に。どんどん気持ちが沈んで、人生の光を見失ってしまいます。。。

 

まさしく「絶望」という言葉が相応しい、感情すら無い状態。。。

 

この状態を「怒り」の感情を感じるレベルまで引き上げるサポートを意識すると良いかもしれません。

 

どうやら『感情には表現しやすい順番』があるそうです。

「怒」→「哀」→「喜」→「楽」

の順番です。

 

良く言葉では「喜・怒・哀・楽」と表現しますよね?でも表現しやすい順番でいうとこの順番になります。

 

なので一番引き出しやすい「怒」感情に蓋をしてしまった状態だと「喜・楽」という望ましい感情も、いつまでたっても取り出せず、うつ病が治りにくくなってしまうそうなのです。。。^^;

 

怒りの感情をただのネガティブなものと考えず、大切な感情の一部として向き合う事が大切なのでしょう。

 

冒頭のSさんとNさんのケースでも、最終的に「怒り」の感情が出てるので、ひょっとしたら結果的に良い方向に進んでいるのかもしれません。しかし、当然ながら、喧嘩をしてしまうのは余りお勧めできませんね。。。後で激しく後悔してストレスになってしまうのは嫌ですね。

 

この場合。「職場復帰、大丈夫だよ!」と励ますのでは無く、「そう言えばN君の前の上司。あれは酷かったよなー、良く愚痴も言わずに耐えてたと思うよ。ほんとにさぁ。嫌な事あったら、もっと発散させてもいいんだよ?」と、「怒り」の感情を誘発させつつ、頑張り過ぎなくても良いと暗に伝えてあげて入れば、喧嘩にならなかったかもしれないですね?(まぁ、こればっかりは過ぎてしまった事なので、なんとも言えませんが。。。)

 

まとめ

「うつ病の大切な人にかける言葉が難しい・・・σ(^_^;)」と感じた時。

お話しに同調し、良い意味で「怒り」の感情を引き出してあげるのは、一つの正解だと僕は感じています。

 

落ち込んでいる時。怒りを上手に発散できる様になると、「絶望」という生きるエネルギーが全く無い状態から一歩前進できるはず!

 

2人の喧嘩のお話を聞いて、そんな事を考えました。

同じ様に、コミュニケーションで迷っている方の参考になれれば嬉しいです^^