母と妻が鬱になりまして。。。

家族のうつ病奮闘記です!30代♂:僕が考えた対処法やうつ病との向き合い方を紹介しています^^現在、妻のうつが回復してきたので新しい生き方を探す為「海外移住」を準備中。

うつ病は黒い犬? 家族、恋人の鬱を理解しよう

 

「ぼくは黒い犬を飼っていた、うつ病-という名の黒い犬を。そいつが現れるたび、人生をむなしく感じた。。。」

そんな一節から始まる絵本のようなアニメーションにぼくは釘付けになった。

 

母と妻のうつ病を経験したぼくは、この物語に凄く共感しました。

「うつ病になるとホントこうなるよなー」と。

 

あなたの周りに「黒い犬」を飼っている人はいませんか?

「うつ病という名の黒い犬」大切な人がうつ病になってしまったら一度は観て下さい。

f:id:CARBON-design:20150802072659j:plain

photo credit: Wondering via photopin (license)

 

 【I Had a Black Dog】

 このアニメーション原題は『I Had a Black Dog』です。

マシュー・ジョンストンというイラストレーター権作家さんが描かれた絵本です。

画のタッチも素晴らしい!是非是非観てみて下さい。

 

動画はこちらから↓ 


うつ病-という名の黒い犬 - YouTube

 

どうですか?

ぼくはうつ病を「黒い犬」で表現したアイディアは本当に秀逸だなーと感じました。

本当にそれくらい身近な病気なんですよね。しっくりきます。

 

4分間という短い時間の中でうつ病発症から治るまでの道筋を上手に表現しています。

ぼくの母の2年間にも及ぶ闘病の記憶と驚くほど共通点があってビックリしました。

 

 

「黒い犬に感謝してるとは言えないけれど良い教師だったと思う。。。」

そう作中の一節があるんですが僕もそう思います。

大切な人がうつ病になると人生の価値観が180度変わります。

もちろん大変な事ばかりが起きます。

でもそれを受け入れた時、自分にとって本当に大切なものがわかるんです。

それって凄く大切な事ですよね?

 

ぼくの妻の飼っている「黒い犬」は今日も元気いっぱい猛威を奮っている。

だけど何時かは分かりあえて、可愛い「黒い子犬」に見える日が来るのだろう。

 

希望をくれるアニメーション。マシューさんありがとう!

 

 

 こんな記事も書いてます↓