母と妻が鬱になりまして。。。

家族のうつ病奮闘記です!30代♂:僕が考えた対処法やうつ病との向き合い方を紹介しています^^現在、妻のうつが回復してきたので新しい生き方を探す為「海外移住」を準備中。

【抗不安薬リーゼ錠】減薬の離脱症状。眠れなくて辛い><

 

f:id:CARBON-design:20160421014940j:plain

 今週、妻が抗不安薬の減薬でつまずきました^^;

抗不安薬を減薬(正確には断薬)したら眠れなくなってしまったのです。

 

うつ病と診断されて8カ月。

今まで段階的に離脱症状や副作用もなく減薬をできていたので、今回がお薬に関して初めてのつまずきです。

うつ病で薬を飲まれている方は同じ様に減薬に苦労されている人も多いと思います。やっぱり難しいものですね^^;?今までが順調だったゆえにちょっと悲しい。

 

今日は妻のうつ病生活中の「減薬の経緯」についての詳細をまとめていこうと思います。現在減薬中の方・これから減薬をする方にぼくら夫婦の経験が少しでも参考になれば幸いです。

f:id:CARBON-design:20160213204206j:plain

photo credit: PO via photopin (license)

眠りたいのに眠れない。。。

抗不安薬の離脱症状は様々あると言われていますね。

■吐き気、動悸、発汗

■イライラ、緊張

■頭痛、肩こり、などなど

症状はほんと人それぞれだと思います。

 

妻の場合は不眠でした。

約一週間前に心療内科の先生と相談をして減薬(断薬)することにしたんです。

薬を飲まない1週間、寝つきが急激に悪くなって夜いつも寝ている時間に眠れなくなってしまいました^^;

「夜12時にベッドに入るも、朝方5時まで寝付けない・・・」という状態。

そこから少し寝れるらしいですが、日中ずっとボーっとしてしまう日々を過ごしています。

 

結局ちょっと辛いので、また抗不安薬リーゼを一昨日から服用する事にしました。すると飲んだその日から見事に爆睡。妻「ヤバっ!薬の効果って凄いんだね。逆に怖いよ(汗」と言うのが率直な感想です^^;

 

【過眠症】も薬の副作用だった?

実は妻がうつ病になってから過眠症気味の生活が続いていました。

うつ病になると同時に睡眠障害になる人が多いですよね?

一般的には「不眠症が9割」「過眠症が1割」ほどと言われています。

 

妻の一日【うつ病3ヶ月目】

f:id:CARBON-design:20160213193138j:plain

妻が抗不安薬を一番使用していた時の一日の過ごし方です。

この時期、1日13時間以上寝ていましたね^^;

(今現在はだいぶ改善されて8~9時間睡眠です)

 

断薬して眠れなくなった今、当時を振り返ると「過眠症だった原因は薬の副作用だったのかも?(正確には薬が効き過ぎていた)」とさえ思えてきます。

【この経験に関する記事はコチラ↓】 

carbon-family-life.hatenablog.jp

妻の減薬の経緯

一応妻が飲んでいる薬と容量の変化を詳細に紹介します。

■抗不安薬:リーゼ錠(クロチアゼパム)

■抗うつ薬:ジェイゾロフト(セルトラリン)

この2種類を飲んでいますね。

 

広く処方されているお薬なので、同じお薬を飲まれている方も多いと思います。

今回はリーゼ錠の減薬のお話しです。

抗うつ薬ジェイゾロフトは服用MAXの100mgを毎日服用しているのが現状です。

 

【うつ病発症~3ヶ月】

リーゼ錠5mg×1日3錠(朝、昼、晩)

 

【3ヶ月目~6ヶ月目】

リーゼ錠5mg×1日2錠(朝、晩)

 

【6ヶ月目~8ヶ月目】

リーゼ錠5mg×1日1錠(晩)

 

【現在】

リーゼ錠2.5mg×1日1回(晩)

一旦ゼロになりましたが、眠れないので半錠を服用中。

(包丁で半分に割っています^^;)

 

あっ、上記は勿論あくまで目安です。

「不安感」が強い日は無理せず頓服薬として使用していました。

ちなみにリーゼ錠の1日処方MAXは30mgまでだそうです。

不安感が強い時は主治医の先生とご相談してみて下さい。

f:id:CARBON-design:20160213204523j:plain

photo credit: Cat Nap via photopin (license)

断薬して離脱症状が出た時の対処

離脱症状が起きた場合、取るべき方法は3つあります。
「様子をみる」か「元の量に戻す」か「減薬をさらに細かくする」のいずれかです。

 

様子を見る場合、根本的に症状が快方に向かっていれば1週間~3週間ほどで離脱症状も改善されるそうです。

 

元の量に戻すと、ほぼ全員が離脱症状がなくなるそうです。

 

ぼくら夫婦が試したのが「減薬をさらに細かくする」対処です。

錠剤を頑張って半分に割っています^^;

市販される錠剤はリーゼの場合5mgか10mgなので、それより細かく減薬しようとすると自分たちで割るしかありませんね。(小さいお薬なので割るのも一苦労ですが)

この場合、離脱症状が改善されない場合も当然あるかもしれません。

妻の場合、幸運にも改善されたので今後しばらくはリーゼ錠2.5mgに体を慣らしていくと思います。この方法はうつ病の先輩である母に教えて貰いました。

 

【抗不安薬リーゼ錠】の離脱症状:副作用が心配な方へ

皆さんもご存知かと思いますが、リーゼは抗不安薬の中でも弱い部類のお薬です。

リーゼの離脱症状の頻度は相当少ないらしいです。

(妻はたまたま運がわるかっただけ?)

なので余り服薬に対して不安にならないで大丈夫だと思いますよ^^

 

まとめ

f:id:CARBON-design:20160608221919j:plain

今回すこし減薬でつまずいてしまいましたが、これは良くある事ですよね^^;?(寧ろきっと、今までが順調すぎたのでしょう)

凹んでいてもしょうがないので、また半歩下がって気楽に再出発。

気長にゆっくりマイペースが大切ですね^^◎

 

㊟減薬・断薬は先生と相談の上段階的に量を減らしていきましょう。

 

【関連記事】

本格的な不眠症に関してはコチラの記事にまとめてあります。恒常的に眠れなくなってしまった方の参考になるかもしれません↓