読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母と妻が鬱になりまして。。。

家族のうつ病奮闘記です!30代♂:僕が考えた対処法やうつ病との向き合い方を紹介しています^^現在、妻のうつが回復してきたので新しい生き方を探す為「海外移住」を準備中。

『会社の辞め時』って超超超難しい。。。【うつ病になる運命】

f:id:CARBON-design:20161221053749j:plain

「体調を壊すくらいなら会社辞めなよ!」

「うつ病になっちゃったら大変だから、仕事頑張り過ぎないで!」

とは言うものの。。。

 

実際に「会社を辞める」のって、超難しいんですよね。。。

その前に「まとまった休暇を取る」事も激ムズです。。。

さらに言うと「1日会社を休む」事すら難しい人だって少なく無いはず。。。

中には「半休で病院に行く」事さえ出来ない人もいるかも。。。

 

僕も散々、妻がうつ病で倒れる前に上記の言葉をかけ続けていました。

朝晩3回ずつ「辛かったら仕事辞めて良いんだよ」と、半分洗脳するつもりで、繰り返し繰り返し言い続けていたんですよね。。。なんだかんだ5年間位の間ズーッと。。。^^;

 

トータルすると、(朝3回+夜3回)×365日×5年=10,950回は言っていたんですね。(多分実際はもっと言っていたと思いますが汗)

 

だって、凄く辛そうだったし、しょっちゅう家に帰らず徹夜で仕事しちゃうし、たまに職場から泣きながら電話かけて来るし、腕に爪を強く立てた後が残っている日もあったし、眠たいはずなのに寝れない日もあったし。。。

 

色々なサインが出ていたけれど、結局、動けなくなるまで会社を辞めることは出来なかったんですよね。。。後悔してるけど、正直あの時どうしていれば良かったのか?今でも良く分からないのです。

 

ホント不思議ですよね^^;?

人様の事なら「なんでそんな風になっちゃったんだ。もっと対策あったでしょ?」と考えられるんですけど、いざ当事者として体験すると「あぁ、、、」と頭の中が真っ白になってしまいます。

 

たぶん、『ドクターストップ』を貰う人は大体そんな感じなのでしょう。

 

最後はベットから起きられなくなった妻を、妻の両親と一緒に無理やり説得して「人間ドックで精密検査」⇨「体に問題なし」⇨「心療内科受診」⇨「うつ病と診断される」という道筋を辿りました。

 

「今辞めるのは逃げなのでは?」

「自分はもっと出来るはず!」

「辞めたら今までの努力が無駄になる。。。」

たしか当時、そんな事を妻は自己暗示をかけるように繰り返し繰り返し、話していた気がします。。。

 

う〜ん。自己暗示ってメッチャ強いですよね。。。><

心辺りがある人はお気をつけ下さい。

 

『うつ病になる運命』には逆らえないの?

f:id:CARBON-design:20161221063001j:plain

「会社辛いなぁ。。。」と心の底から思っていて、すでに体にもアラート信号が出ている人もいるでしょう。世の中には酷い会社もありますからね。。。きっとそういう人の何割かは残念な事に、いずれ『ドクターストップ』を貰う事になってしまうのだと思います。

 

周りの人がどんな言葉をかけても、意味は無いのかもしれません。

 

今、僕はこの文章を書きながら「会社の辞めどきが分からなくて、うつ病になってしまう人が1人でも減れば良いなぁ。。。」と願ったりしていますが、同時に、「まぁ、周りの人が何を言ったってその人の運命は変わらないんだよなぁ。。。」と諦めてもいます。

 

「体調を壊すくらいなら会社辞めなよ!」

「うつ病になっちゃったら大変だから、仕事頑張り過ぎないで!」

こんな当たり前の事は誰にだって言えますもんね。

ぼくも散々使ったので、なんかもう挨拶の言葉のように感じます。

 

聴き手も、『耳タコ』過ぎて左の耳から右の耳に抜けてしまうのかもしれませんね。。。(もしかして言うほど逆効果なのかな^^:?)

 

だから、『うつ病になる運命』の人には、こう言うしかないのかなぁ〜と思います。

 

「うつ病になっても人生終わりじゃないよ〜〜〜\(^▽^)/」

 

今日書きたい独り言はこれくらい◎

 

関連記事:

carbon-family-life.hatenablog.jp